水源から蛇口まで 東京水道サービス株式会社

スマートフォン対応ページ ⇒  会社概要    採用情報 

English Page

      

長野県企業局と漏水調査業務に使用する漏水調査用測定機器【TSリークチェッカー】のレンタル契約を締結しました

 

長野県企業局と漏水調査業務に使用する漏水調査用測定機器

【TSリークチェッカー】のレンタル契約を締結しました

 

 この度、東京水道サービス株式会社(TSS)は、長野県企業局と下記のとおり、漏水調査業務に使用する当社の開発機器「TSリークチェッカー(時間積分式漏水発見器)」(写真参照)のレンタル契約を締結しました。

 TSリークチェッカーを活用した漏水調査とは、検針に合わせて調査した計測データを解析し、それによって絞り込まれた「漏水の可能性が高い箇所(二次調査箇所)」のみを技術者が現場で調査することで、漏水発見作業の効率化を図ることのできる調査方法です。これにより、検針業務との一体化による定期的な漏水調査が可能となり、有収率の向上や技術者不足といった全国的な水道事業の課題解決を図ることができます。

 長野県企業局では、この方法により漏水発見率と有収率の向上に成果を上げていることから、平成21年度(2009年)から継続してTSリークチェッカーをご活用いただいております。
 今回の契約では、過去7年間に蓄積してきた計測データを整理し、傾向分析などに活用することで、さらなる漏水調査業務の効率化を図ります。

 

 

1.受託契約名

  令和元年度漏水調査用測定機器借入

2.履行期間

  令和元年6月7日から令和2年1月15日まで

3.委託者

  長野県企業局

4.委託内容

(1)当社開発の時間積分式漏水発見器「TSリークチェッカー」本体機器のレンタル

(2)現地検針員への講習会の実施

(3)TSリークチェッカーへのお客様情報の登録作業

(4)TSリークチェッカーによる計測データの分析及び二次調査リストの作成

(5)過去7年間の二次調査リストと現場調査リストの整理作業

以上

 

【本件に関するお問い合わせ先】

プロジェクト推進部 佐藤、細谷

電話 03-5320-9720

 

 


検針員へのTSリークチェッカー操作説明会の様子
(2018年)

  お客さまデータ登録作業の様子(2018年)

 


TSリークチェッカー(SV1101)