水源から蛇口まで 東京水道サービス株式会社

English Page

ご挨拶

 

代表取締役社長
野田 数

 東京水道サービス株式会社は、東京水道グループの一員として、公共性と効率性を両立させながら、お客さまに安全でおいしい水を安定的に供給する役割を担っております。

 当社が担う業務は、水道水源林の保全管理業務、浄水場・給水所の運転管理業務、管路の設計・工事監督・維持管理業務、給水装置業務など、「水源から蛇口まで」広範囲にわたっております。当社は、これら水道事業の基幹的業務を東京都水道局とともに行っております。

 東京都においては、将来的に人口減少が見込まれるなど、水道事業を取り巻く状況は刻々と変化しています。また、国においては、水道事業体の広域連携や多様な担い手による官民連携の推進を可能とするための水道法の改正を行うなど、水道事業の基盤強化を図ることとしております。

 こうした状況の中、当社は、今年度中に東京水道の事務部門を担う株式会社PUCとの統合を目指しております。この統合により、経営基盤を強化し、当社の技術力とPUCのITやカスタマーサービス部門の強みを一体的に発揮し、水道事業をトータルで担うことのできる体制とするとともに、コンプライアンスを強化した上で、ガバナンスの強化や経営効率の向上に資する経営体制を構築いたします。

 こうした改革により、これまで以上にサービス向上や効率経営を推進し、将来にわたり、お客さまに信頼され喜ばれる水道を目指してまいります。

 さらに、これまでも人材育成や無収水率改善等による国内外の水道事業体へのサポートに注力してきましたが、各事業体が抱える課題解決へのより一層の貢献を視野に入れた改革にも、積極的にチャレンジしてまいります。

 皆様のご理解とご支援を賜りますようお願い申し上げます。