水源から蛇口まで 東京水道サービス株式会社

English Page

ミャンマー・ヤンゴン市資金による水道施設維持管理事業の基本事項合意書の締結について

平成29年7月11日
 
 
  ミャンマー・ヤンゴン市資金による水道施設維持管理事業の基本事項合意書の締結について
 
 
 東京水道サービス株式会社(TSS)は、ミャンマー・ヤンゴン市の一部地域(マヤンゴン地区)において、日本の無償資金協力による無収水対策事業を実施しています。
 今回、この事業に引き続き、ヤンゴン市資金によって水道施設維持管理事業を行うこととなりました。  
 本日、下記のとおり基本事項の合意書を締結しましたのでお知らせいたします。  
 今後とも、東京都水道局と共に東京水道の技術とノウハウを活用し、ミャンマー・ヤンゴン市での水事情の改善に努めてまいります。 

 1.基本事項合意書の締結

(1)日付  平成29年7月11日(火) 
(2)場所  ミャンマー連邦共和国ヤンゴン市
(3)締結者
【ミャンマー】 ミャンマー連邦共和国ヤンゴン市開発委員会(YCDC)
【日本】    ジャパンコンソーシアム合同会社
         ・東京水道サービス株式会社(TSS)
         ・東洋エンジニアリング株式会社
 
(4)主な出席者(写真左から)
  ・TSS 代表取締役社長 : 増子 敦
  ・在ミャンマー国日本大使館 書記官 : 田中 洋介
  ・YCDC セクレタリー : Hlaing Maw Oo
  ・YCDC 水衛生局長 : Aung San Win
  
2.締結内容
今回の合意書では、維持管理事業に向け、以下の基本事項を合意
(1)事業内容 無収水削減のための助言等のコンサルティング、トレーニングの実施等による技術移転
(2)事業期間 最低5年間(インフラ整備事業が完了した地区から順次実施。H30年度事業開始予定)
(3)事業費  ヤンゴン市資金(金額未定)

  東京都水道局のプレス発表については、東京都水道局ウェブサイトをご覧ください。