水源から蛇口まで 東京水道サービス株式会社

English Page

ミャンマー・ヤンゴン市の無収水対策事業の広域展開について

平成28年10月7日

 

ミャンマー・ヤンゴン市の無収水対策事業の広域展開について


 東京水道サービス株式会社(TSS)と東洋エンジニアリング株式会社が設立したジャパンコンソーシアム合同会社は、ミャンマー・ヤンゴン市における無収水対策事業を受注し、契約を締結しました。
 これまで、ミャンマーのヤンゴン市とは、平成25年9月26日に締結した覚書に基づき、現地セミナーや訪日研修を通じ協力関係を構築するほか、平成26年度には本事業と同じくジャパンコンソーシアム合同会社が、東京水道の世界トップレベルの漏水防止技術などを活用した無収水対策パイロット事業に取り組み、大きな成果をあげました。
 これらの実績を踏まえた今回の事業は、前回の事業よりも大幅にエリアを拡大した無収水対策事業になります。国内の地方自治体(監理団体を含む。)が海外で実施する無収水対策事業としては、過去最大規模のものとなります。
 今後とも、東京都水道局と共に、東京水道の技術とノウハウを活用し、海外の水道事情の改善や現地水道事業体の人材育成などに貢献してまいります。


 1.事業の概要
 (1)事業内容  漏水調査、水道管の取替及び修繕、水道メータの取替及び設置など
 (2)契約日   平成28年10月7日
 (3)事業期間  平成28年~平成34年(予定)
 (4)事業費   約18億円(ODA無償資金))

 2.事業の特徴
 ・無収水対策パイロット事業(平成26年度実施)の成果を踏まえた広域展開
 ・現地で技術指導を行いながら事業実施
 ・公民連携による取組
 ・日本製資器材の活用
 
 

平成26年度実施した事業の様子

 

東京都水道局のプレス発表については、東京都水道局ウェブサイトをご覧ください。