水源から蛇口まで 東京水道サービス株式会社

English Page

水理・水質調査

水理・水質調査

 配水状況を正確に捉え、「安全でおいしい水が安定して給水されているか」を調査するため、消火栓や空気弁に測定機器を設置し、水理・水質を連続測定します。

  • 水理調査は水圧・流量・流向の測定
  • 水質調査は残留塩素・電気伝導率・水温の測定

 停滞水の解消や系統変更前後の流量・流向等、水道事業体のニーズに応じた調査を行い、提案します。

配水管内の水理・水質調査

水理・水質情報センサ

 小型軽量化、省エネ化を実現!

 旧型機比、約45~60%の小型化!
      約75%の消費電力の削減!

 消火栓・空気弁を利用し、6項目の水理・水質データを同時に測定、記録します。

特長
  • 多項目(水圧・流量・流向・残留塩素・電気伝導率・水温)の測定・記録
  • 不断水で長時間(10日間連続)測定
  • 携帯型のため掘削・管切断の工事不要
  • 防浸構造(IP68相当)
  • 高信頼性を確保

 複数台使用することにより、特定範囲内で配水管網の流水状況や水質の変化など水理・水質情報が分析できます。
 管網解析の基礎資料、維持管理業務の効果測定などに活用できます。

測定装置の設置例

この製品は、「東京水道サービス株式会社」と「株式会社日立ハイテクソリューションズ」の共同開発です。

携帯型圧力測定装置

 配水管付属設備を利用した水道管の圧力測定装置です。

特長
  • 携帯型のため、掘削・管切断の工事不要(大小幅広い場所の設置に対応)
  • 長時間測定(バッテリー内蔵により最大8日間の測定が可能)
  • 防浸構造
  • 高信頼性を確保

 既設の配水管付属設備(消火栓など)を利用し、容易に水圧を測定・記録ができます。付属設備と少しのスペースさえあれば、どこでも水圧が測定可能です。
 場所ごとの水圧を調査することにより、維持管理業務の効率化や圧力管理による水運用の適正化などに活用できます。


この製品は、「東京水道サービス株式会社」と「株式会社日立ハイテクソリューションズ」の共同開発です。